KovaaK 2.0|Apex Legendsの感度を設定する方法

KovaaK 2.0でApex Legendsのエイムトレーニングをしているなら、感度を合わせることでより効果的なトレーニングができます。

この記事では、Apex Legendsの感度をKovaaK 2.0に反映させる設定方法について解説しています。この方法はKovaaK 2.0の公式が推奨している設定方法になりますので、Apex Legendsと同じ感度でエイムトレーニングしたい方は参考にしてください。

はじめに

設定をおこなう前に、Apex LegendsにはFOVに関する2つの不具合があります。

1. FOVの値が正確ではない

Apex Legendsはゲーム内に表記されているFOVの値が正確ではありません。ゲーム内と実際のFOVの値にはずれがあります。

2. FOVスライダーにバグがある

Apex LegendsのFOVスライダーにはバグがあるため使用しないでください。このバグによってゲーム内と実際のFOVのずれ幅が大きくなります。

設定の手順

上記を踏まえて、FOVの最適化とApex Legends Calculatorという計算サイトで正確な値を算出してから、KovaaK 2.0の設定をおこないます。では、設定方法の解説に移ります。

FOVの最適化

はじめにFOVの最適化をおこないます。Apex Legnedsの設定画面で、FOVの入力フォームをダブルクリックしてFOVを直接入力してください。

注意点:スライダーを動かすとゲーム内のFOVは変動してなくても、実際のFOVは変動してるため使用しないでください。

Apex Legends Calculatorの使い方

Apex Legends Calculatorにアクセスする

まず、Apex Legends Calculatorにアクセスします。

Apex Legends Calculatorにゲーム内設定を入力する

各項目にゲーム内の設定を入力してください。入力を終えると自動的にゲーム内の正確な値が算出されます。

  • Mouse Counts Per Inch (CPI):マウスのDPI値
  • Rendered Width:ゲーム内の解像度(横)
  • Rendred Height:ゲーム内の解像度(縦)
  • Field of View Input Unit:In-gameを選択
  • Field of View (FOV):ゲーム内のFOV
  • Sensitivity Input Unites:In-gameを選択
  • Mouse Sensitivity:ゲーム内の感度
  • ADS Sensitivity Input Units:Automatically Set Correct Multipliersを選択
  • Show Indepth Results:Off
ADSの感度倍率を算出する

次に、ADSの感度倍率を算出するため、1倍スコープ(青色)と腰撃ち(黄色)の感度を割ります。

例:1.3058(1倍スコープ)÷ 1.7000(腰撃ち)= 0.76811

算出した値をメモしてください。

FOVをメモする

4:3の腰撃ち(黄色)と1倍スコープ(青色)のFOVをメモしてください。

以上でApex Legends Calculatorの作業は完了です。

KovaaK 2.0の設定

では、KovaaK 2.0にApex Legendsの感度を設定していきます。

設定の手順は、全てのシナリオに反映される腰撃ち感度を設定した後に、各シナリオにADS感度を設定します。注意点としてKovaaK 2.0は「ADSのあるシナリオ」と「ADSのないシナリオ」が混在しているため、各シチュエーションに合わせて設定してください。

ADSの有無の確認方法:シナリオを開いて左クリックをします。画面がズームする場合はADSがあります。ズームしない場合はADSがありません。

腰撃ち感度の設定(全てのシナリオに反映)

ロビー画面から「Settings」を開く

KovaaK 2.0のロビー画面からSettingsを開きます。

Main Settingsで腰撃ち感度を設定する

Main Settingsが開くので各項目を入力してください。入力を終えたら「SAVE」をクリックして設定を保存してください。

  • Sensitivity Scale:Apex Legendsを選択
  • Horizontal Sensitivity:Apex Legendsのゲーム内感度
  • FOV Measurements:Apex Legendsを選択
  • FOV:Apex Legends Calculatorで算出した4:3の腰撃ちのFOV

以上で腰撃ち感度の設定(全てのシナリオに反映)の設定は完了です。

ADSのあるシナリオの設定

シナリオマップから「Weapons」を開く

設定したいシナリオマップでゲームオプションを開き、Settings > Weapons の手順で進んでください。

武器をデフォルトから変更する

武器をDefaultから変更します。 (※この項目はシナリオによって武器が異なります)

ADSの感度倍率とFOVを設定する

各項目を入力してください。入力を終えたら「SAVE」をクリックして設定を保存してください。

  • Zoom Sens Auto-Scale:チェックを外す
  • Zoom Sens Multiplier:「Apex Legends Calculatorの使い方」のステップ3で算出したADSの感度倍率
  • Zoom FOV Measure:Apex Legendsを選択
  • Zoom FOV:Apex Legends Calculatorの4:3の1倍スコープのFOV

以上でADSのあるシナリオの設定は完了です。

ADSのないシナリオの設定

武器をデフォルトから変更する

設定したいシナリオマップでゲームオプションを開き、Settings > Weapons の手順で進んでください。

武器をDefaultから変更します。(※この項目はシナリオによって武器が異なります)

変更したら一番下までスクロールしてください。

Apex Legends Calculatorの感度とFOVを入力する

各項目にApex Legends Calculatorで算出した1倍スコープのSensitivityとFOVを入力してください。入力を終えたら「SAVE」をクリックして設定を保存してください。

  • Horizontal Sensitivity:1倍スコープのSensitivity
  • FOV:4:3の1倍スコープのFOV

以上でADSのないシナリオの設定は完了です。

設定の補足情報

算出した値はメモする

Apex Legends Calculatorで算出した値はメモかスクショをしておきましょう。設定をやり直す時や新しいシナリオの設定をおこなう時に再度計算する手間を省けます。

ADSの設定はシナリオごとにおこなう

KovaaK 2.0では腰撃ちの設定は全てのシナリオに反映されますが、ADSの設定はシナリオごとに設定しなければいけません。練習したいシナリオでは必ず設定をおこなってください。

他の倍率スコープを設定する場合

この記事では1倍スコープを例に解説しています。他の倍率スコープのADS感度を設定したい場合は、1倍スコープのRaw SensitivityとFOVを他の倍率スコープの値に置き換えて同じ手順で設定してください。

以上で設定方法の解説を終わります。